親父目線の観戦日誌 

長男の練習や、試合結果について親父目線で記録していきたいと思います。

7/16 前期トーナメント決勝 vs三室ホークス (新人戦) 

新人戦、決勝でした。
負けてしまいブログ更新が遅くなってしまいましたがそろそろ書こうかと
思います。


バッテリー
かいり-りゅうすけ


サードから
ゆう だいや こうへい りゅうき
レフトから
よっち はると しょうた


後攻で始まる初回の守り、先頭打者にストレートの四球。
バントの構えをしたり1番打者が揺さぶりをかけてくる中、ストライクが入らず。
この試合、一筋縄ではいかないと思った瞬間です。
続く2番を三振に仕留め、クリーンアップを迎える。
3番打者のセカンドへの早い打球をこうへいが取れず、右中間を抜けてしまう。
早々に1点を献上。さらに1死3塁から4番がスクイズを仕掛けてきた。
1回に2点を先制される展開。今大会に三室はTotal1失点しかしておらず、守りは
のエラーは期待できない。打つしかないな~


裏の攻撃、先頭のだいやは粘って7球目を打つもセカンドゴロ。2番のはるとは
初球をサードゴロ・・・ りゅうきがレフト前へ運び4番へつなぐもかいりはキャッチャーフライでスリーアウト。
1回終了 三2-0沼


2回の守り、先頭打者を三振にするも、続く打者へ死球。次打者を捕手ゴロで2死まで
進めるが9番打者を追い込みながらレフト前に運ばれ3失点目。さらに1番に帰ってレフトへの当たりをよっちが取れず3塁打に。ここぞというところでミスが出てしまった。


裏の攻撃。1死後、りゅうすけが四球3塁へ進塁後、ゆうのタイムリーで1点を返す
2回終了 三4-1沼


3回は4番にヒットを打たれるも0点に抑え、攻撃へのリズムを作り出す。
1番からの打順、だいやがレフト前へのヒットで出塁。2番はるとには粘って行けと
指示を出すも初級を強打しレフトオーバーの2塁打でチャンスを広げる。
1死後、4番かいりがレフト前のヒットで2点を返し1点差まで来た。1死3塁でパスボール
でランナー生還かと思いきや、かいりが本塁突入していない。(ここが痛かった)
このかい2点どまりで同点にできなかったのが、結果的には致命的でしたね。
3回終了 三4-3沼


4回はともに0点で最終回になった5回に1点差で突入。
0点に抑えて裏の攻撃で逆転できる筋書きだったのですが。
取れるはずのレフトフライをが3塁打になってしまったのを皮切りに、サードファーストのエラー連発で5失点。
裏の攻撃で2点を返すが結局9-5で敗戦。
普通に守っていれば勝てる試合。決勝という舞台、苦しさがあったのでしょうが、
それでも優勝を目指していたチーム。そんなことはいっていられないですよね。


埼玉新聞の記事にも載っていましたが、基本を鍛えてきた三室さん。
心を維持できるような、自信を持って守れるように鍛え治しです。


今後は9月に行われる川越市会長杯での優勝を目指すことに。
日ハム杯への出場権は取れませんでしたが新たな目標へ向かっていこうと思います。


うーん 悔しい悔しい。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。