親父目線の観戦日誌 

長男の練習や、試合結果について親父目線で記録していきたいと思います。

9/24川越会長杯 準々決勝 vs名細少年野球クラブ

ベスト8の戦いは、初雁球場で四試合が組まれ

行われました。


第四試合に組まれました。ので、第三試合の、西埼玉少年野球対寺尾パワーズの試合の審判をやることに。勝ったチームとは準決勝で当たる可能性があるので偵察しながらの審判になりました。


ちょっとしたミスを突いて得点を重ねた西埼玉さんが勝利!

きわどい判定もありながら、しっかり審判。

大きい当たりを狙うよりも、しっかり当てて塁にでる、守りはミスなく堅実に、というイメージでした。


さて、準々決勝。

先発バッテリー

かいり-りゅうすけ


サードから

こうへい だいや ゆう よっち


レフトから

しょうた はると りゅうき


後攻の沼影。

今日のかいりは調子もまずまず。

先頭バッターはショートゴロ、だったけどバウンドした打球はだいやのグラブをはじいてセンターにポテポテ。エラーでノーアウトのランナーをだしてしまった。しかし、ストライク先行のピッチングで2番をショートゴロ(だいやナイス)、3番、4番を連続三振に打ち取りチェンジ。


裏の攻撃

はるとが、粘ってショートへの内野安打で出塁、すかさず盗塁、だいやはショートゴロのエラーで出塁、その間はるとが帰ってきてワンヒットで先制。

だいやが塁に残ってD4のクリーンナップだったけど、ショートフライ二連発、狙いすぎや~

チーム首位打者のりゅうきがライトへヒット、続くりゅうすけもレフトに強打!スリーベースでこの回3点先制

1回終了 名0-3沼


2回 かいりが快調にとばしサードゴロと三振2つ。

あぶなげないです。

裏の攻撃

先頭のゆうが綺麗にセンター横へとばしツーベース。こうへいも続いてヒット。一点追加、調子にのってファースト回ってセカンドへ行くもタッチアウト。ガッツある暴走だ。

2回終了 名0-4沼


3回

かいり好調

一本合わせられて高く上がったレフトフライもしょうたが危なげなくキャッチ。2三振をとってチェンジ。

裏の攻撃

よっちが殻を破るツーベース かいりはレフト前へd4が打つ。りゅうきのセンター前へ抜けるかと思われた打球はショートゴロになったしまったが、その間によっちが帰り一点追加。

3回終了 名0-5沼


4回守り

3番からの好打順の名細。

まけない沼影。

先頭を三振 4番に初めての四球を出すも、2盗してきたランナーをりゅうすけが刺してツーアウト。5番も三振に打ち取りチェンジ。危なげないピッチングです。

裏の攻撃

9番から二人が倒れてツーアウト。でもどこからでも点が取れる打線は2番だいや、よっち、かいりの3連打で2点追加。

そしたら球審が集合かけてきて、試合終了。

4回7点差でコールドゲームでした。


調子上向きの打線と本来のピッチングを取り戻してしてきたかいり。


次はいよいよ準決勝、決勝です。まだ日程は決まってないけど絶対勝てる。


ちなみに、4回参考ながら、かいりくんノーヒットノーランでした、おめでとう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。