親父目線の観戦日誌 

長男の練習や、試合結果について親父目線で記録していきたいと思います。

7/8 前期トーナメント準決勝 vs道祖土フェニックス (新人戦) 

決勝進出をかけ、ベスト4の戦いです。


相手は昨年前期トーナメントの準決勝と同カード。
去年は時間切れギリギリで逆転して勝ったの今回はもう少し楽に勝ちたいな~。


バッテリー
かいりーりゅうすけ


サードから
ゆう だいや こうへい りゅうき


レフトから
よっち はると しょうた


よっちは怪我から復帰後初のスターティングメンバ―に。


沼影は先攻。1,2番が凡退してしまい簡単には終わらせたくない初回。
3番のしょうたがセンターへヒット!4番のかいりは敬遠気味の四球。
2死ながら1,2塁のチャンス。5番のりゅうきは引っかけてしまいサードゴロでスリーアウト。チャンスを逸すると裏の守り2死から3番に2ベース、4番にもレフト前に運ばれ1点を献上。
1回終了 沼0-1サ


2回、1死からりゅうすけがレフトオーバーの2ベース。しかし続く打者で捕手がこぼしている際に果敢に3盗を試みるもアウト!この回結局3人で終了。
流れが悪い 打線のつながりも無い 
悪い流の中3回裏の守り、先頭を四球で出すと1番へ回りここへも四球で無死1,2塁。かいりの調子も今一、ここで追加点を取られるとかなり厳しい状況。
そんな悪い流を変えてくれたのがセンターのはると。相手2番打者のセンター前に落ちそうな打球をダイビングキャッチ、起き上がりざま飛び出していた2塁ランナーを刺してダブルプレイ!ビックプレイで2死1塁に。
続く3番もセンターフライでこの回を0点に抑えられました。


「流れもってこい! 流れもってこい!」うちの定番掛け声通り、はるとのビッグプレイで持ってきた沼影は4回、先頭がエラーで出塁すると盗塁で無死2塁。しかし、かいりの内野ゴロで2塁ランナーが3塁で憤死。流れを持ってこれなかった~~ ところがそこからりゅうきがヒットでつなぎ1死1,3塁、よっちがセンター前へ、りゅうすけも続いてレフト前へ この回3点を取って逆転に成功


あとはしっかり守っていくだけですが4裏道祖土の攻撃、
先頭に四球・・・おいっ
逆転の後の先頭打者に四球では流れを持ってこれません。まったくピリッとしないかいりをあきらめ、ゆなにスイッチ。さくらそうエースの大魔神ゆなに託します。2死満塁から当たり損ねの打球がレフト線ギリギリに落ちる2ベースを打たれ3点を返されが逆転されてしまった・・・
つづく打者にも四球で1,2塁にピンチが拡大。すかさず相手もダブルスチールで勝負をかけて来たが、捕手のりゅうすけが落ち着いて3盗を阻止!
今日2個目の盗塁阻止で流れ再び手繰り寄せる。
4回終了 沼3-4サ


5回 1時間半の時間制限も気になり始め、最終回の攻撃。
ここで逆転しなければ勝利はありません。
ここまでヒットが出ておらず、悔しさで目をにじませていた2番のゆう。
先頭でバッターボックスへ。塁に出てくれ!と、みんなの願いを受けた打球はレフト左を抜けてエンタイトル2ベース プレッシャーのかかるここで打てるのがゆうだよね。1死2塁になり4番のかいりは1ボールのあと申告敬遠で続くりゅうきもヒットで1死満塁、続くはもってる男よっち。去年の道祖土戦でも最終回負けてる状況から同点ホームランを打った男がここでも見せた。左中間へ大きな飛球は2点タイムリースリーベース(1塁ランナーのりゅうきがホームアウト 何やってんじゃゴルァ)
土壇場で逆転に成功 鳥肌立ちました。


裏の守り、かいりを再びマウンドへ戻して次につなげよう。
先頭打者への2球目をレフト前へ運ばれてまずい流れ、相手も同点へ向け大盛り上がり。でも沼影にはあきらめてない男がレフトにいました。
前進守備からレフトに来たボールをシングルキャッチ、そのまま全力で一塁へ送球し奇跡のレフトゴロ。ショートのだいやもよっちへ「ひとつ行ける!」と大声で指示し、よっちも信じて投げた。みんな気持ちが強くなったな~
かいりも三振、内野ゴロで最後を締めて試合終了。
一年ぶりにトーナメント戦の決勝へ戻ることができました。
試合終了 沼5-4サ


来週相手は三室ホークス。去年は公式戦で2試合やって1勝1敗。
良い結果が出るようしかり準備できればとも思います。



6/30 前期トーナメント準々決勝 vs本太ビクターズ (新人戦) 

全部で4回勝てば優勝です。トーナメント2試合目の本太ビクターズさんとの
準々決勝になります。


先発バッテリー
ゆなーりゅうすけ


守り
サードから ゆう だいや こうへい りゅうき
レフトから かいり はると しょうた


初回、本太の攻撃 先発のゆなが快調なピッチング。
四球1個でたけど4人で抑えて0点。
裏の攻撃 打ちたいという気持ちが強く、ボール球をふったり打ちあぐね0点。
2回 エラーがからんで2点を献上。この時点で2対0で劣勢。
その裏の攻撃、やっと火が付いたのか大量10点 ボールの見極め含め打線もつながり逆転に成功。3回表に2点を返され4-10になったが3回裏にも6点を追加。そのまま時間切れ4-16で勝利。ゆなの3回完投でゲームセットです。


毎回課題がみつかり、幸いにも勝てているので次の試合に活かせます。


次戦は8日の日曜日に準決勝 道祖土フェニックス戦になります。
昨年の前期ジュニア戦準決勝の同カード。昨年は辛勝でしたが安定した守備とパワーアップした打線で快勝といきましょう。

6/23 前期トーナメント初戦(2回戦) vs高砂マリーンズ(新人戦)

5年生チームの公式戦初戦です。
この大会の為に練習を積んできたと言っても良いでしょう。
5年生のうちで一番重要な大会の開始になります。
このトーナメントを優勝すれば、日ハム杯埼玉県予選会へ出場することができます。4年秋の大会では初戦敗退だったので、「全部の大会で優勝だ」はすでに不可能になっちゃいまいしたが、「これからの大会は全部優勝するぞ」に変更で頑張ります。


一冬超えて浦和部会のほかのチームも上手くなっているのでしょう。
初戦は高砂マリーンズさん。いつも高学年になってくると仕上げてくるチームの印象。


バッテリー
かいりーりゅうすけ
サードから、ゆう だいや こうへい りゅうき
レフトから ゆな はると しょうた


後攻でプレイボール。かいりのピッチングも様子見からのつもりだったけど、緩急織り交ぜて初回から2三振。一つ四球があったのがもったいないが上場の立ち上がり。りゅうすけもキャッチングもリードもまあ及第点。


裏の攻撃は四球とエラーで2点を先制。さらに満塁のチャンス りゅうすけの打順 頼むよ~~からのキャッチャーフライ・・・。がっくし来たけど続くりゅうきが右中間を破るツーベースで初回に5点を先制。
その後かいりも省エネピッチングで3回をノーヒットで零封。
ゆながリリーフで登板。不運もあり2点を返されるも終始主導権を握って12-2で勝利。会心の勝利とは言えなかったけど不安定になりがちな初戦を手堅く取れたのでよかった。


来週はベスト4をかけて本太ビクターズさんとの試合です。
しっかり調整して勝利をつかみたいですね。