素人親父の観戦記(沼影少年野球クラブ)

長男の練習や、試合結果について記録していきたいと思います。

ジュニア前期トーナメント 準決勝vs道祖土

初の公式トーナメント戦も準決勝までやってまいりました。


対戦相手は道祖土フェニックスさん。

ここまで楽な試合は1つも無く、接戦を物にするのが、うちの戦い方なのか??


さて、初回、1死1、3塁で四番のゆうの内野ゴロの間に先制! 5番よっちのライト前2点タイムリー、りゅうきの3塁打、この回4点を先制。裏の守備はランナーを出すも0点に抑え、おっ?このまま押していけるかな??と思っちゃいました。


接戦を物にするチームは接戦を演出します。

3回裏までに4対3に追い上げられます。相手の緩急を使う投手に2,3回を抑えられ、ピッチャーのかいりは、マウンドと相性が悪いようでボール先行の苦しい展開。

しかし4回にチャンスに息子の琉介が3塁打を放ち、前の試合から続いていた4打席凡退から脱出!うん 点差も3点でもう大丈夫か?

いや、守れば制限時間で終わりが見えてきた4回、制球と守りのミスから2点を返され1点差で1死2,3塁の大ピンチ。あと二人や、よし!ピッチャーゴロ!?ファーストゴロ?お見合い??その間に2塁ランナーまで帰ってきて一気逆転されてしまった… 制限時間も、あと3分位か?早く5回に入らないと試合終了で負けてしまうことに。でもそこであきらめない子供達。次の打者を打ち取って4回終了。

審判が時間を確認… 「攻守交代 さっ急ごう!」

やった!5回最終回に突入です!逆転できるチャンスを貰えました。


3番からの好打順でもあり期待も大。

さあー 3番かいり!内野フライ1死 まだまだ四番ゆう三振2死。ベンチも諦めてはいないものの泣きそうな子供達。

5番よっち 去年の1学年上の公式戦に出て負けたときに、一番泣いた男。初球、左中間を抜けたナイスバッティング!3塁滑り込みセーフ!三塁手がこぼしている間にホーム突入!三塁手がホームへ送球、タイミングはアウトか?よっちが一度止まって躊躇したとき、送球がそれてキャッチャー後逸!奇跡の同点ホームラン!よっちホームインする前から泣いてました。コーチも涙ぐんでるし、試合中泣くな!でもみんな泣いてるしいいか(T_T)


でもまだ同点。興奮冷めやらぬ中、6番りゅうきはセンター前へクリーンヒット!

そして息子の琉介の打順。


2死1塁 初球を強振しレフト方向へ、大きくバウンドした打球はレフトの頭を越えて転がりホームラン!すごい所で打ってくれました!前の試合、サヨナラのチャンスに三振して、家で悔しがってた。

俺もちょっと涙ぐんだっす。


結局5点を取って11-7に。先ほど一巡して二回打席にたったかいりは2打席凡退。打てなかったけど皆が打って逆転してくれた。力が沸いてきたと、後から聞くと言ってましたがその通り、圧巻の三者三振締め!

メークドラマをびっくりの逆転勝利で決勝進出です!


改めて、子供達に力がついているのと、諦めない気持ちを持ってるんだなと、解る試合でした。


集中力があったりなかったり、波があるのは子供らしく、そこをできるだげ回りが盛り上げてあげるのが大切かな。


さて来週は決勝戦。どんな試合になるのか。楽しみです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。